メタバース展示会

メタバース、最近益々盛り上がっていますね。
 
新たな顧客接点として、企業にとって大切なツールになってくるのかもしれません。
 
今回、NTTのDOORで、江戸時代に作られた刀の鍔を展示してみました。
ビジネスではなく、アートという視点ではありますが、
メタバースで世界に広げる・つながるという点では同じかなと思います。
 
今回作った展示ルームでは、実物より大きな刀の鍔の3Dモデルを配置しています。
実物のサイズでは分かりにくい、職人の細かい細工を楽しむことができます。
 
リアルとは違った体験と、個性的だからこそ繋がる、そんな空間がメタバース上で
生まれて来るように思います。